お土産にお勧めのパワーストーン・ボリビアニータ(ボリビア美人)

今日は♪

中南米コンシェルジュの武内祐子です。

今日はボリビアに行く女性にお勧めのお土産をご紹介します。

その名もボリビアニータ(ボリビア美人)※英語名はアメトリン

この石は、今の時代に必要とされている陰陽バランスのパワーを持つ石なんです。

bolivianita3

この様に紫色のアメジストと黄色のシトリンが混ざりあった美しい鉱石で、

紫は女性性を、黄色は男性性を表し、女性性の持つ調和のエネルギーと、男性性の持つ循環のエネルギーが絶妙に混ざり合っている事から、

自分自身の本来の力を引き出す石と言われています。

その他にも、自分の中の女性性と男性性が調和する事で、肉体、精神の調和が生まれ、浄化や癒しの効果も得られます。

ネットで探してみると、日本で売っているものはほぼブラジル産と書いてあり、
ボリビア産よりかなり安いです。

そこで、ボリビアの宝石店で「ブラジルにもあるの?」と聞いてみたところ、答えはノー。

ボリビアのサンタクルスからジャングル地帯を600km程行ったところにある、アナイ鉱山が世界で唯一のボリビアニータの産地との事でした。

bolivianita2
https://www.gia.edu/gia-news-research-In-Search-of-Ametrine

ブラジル産のものは、紫のアメジストに熱を加え、一部を黄色のシトリンに変質させた加工品です。

ボリビアのボリビアニータは、数千年かけて天然の地熱により、アメジストの一部が熱されてシトリンになったもの。

成分は変わらない様に思われますので、捉え方は人それぞれかも知れませんが、
正真正銘のボリビアニータはやはりボリビア産のものですので、
ボリビアに行かれた際に本物を買うのはとてもお勧めです♪

ボリビアの首都・ラパスでは旧市街のサガルナガ通りのお土産屋さんで色々なデザインのものが売られています。bolivianita5.png

私が購入したのはこのシルバーで作られたピアスで、大体3000円くらい。

ただ、デザインは日本のピアスやネックレスに比べて洗練されているとは言い難いのが難点ですが、本当に色々な種類があるので、たくさん見てお気に入りのデザインを見付けるのがお勧めです。

また、原石も売らbolivianita4.jpgれていて、こちらは何と1g=1Boliviano(16円)。

どうも加工代の方が高いようです。

男性には原石を家に飾るお土産としてもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です