2018年ウユニ塩湖に向けて★来年の為の傾向と対策をシェアします。

今日は🎶

中南米コンシェルジュの武内祐子です。

2017年のウユニ塩湖の鏡張りの季節も、そろそろ終わりに差し掛かっています。


今年は南米もペルーで局地的な大雨の被害がある等、異常気象で天候が読みづらくなってきています。

そこで、ウユニ塩湖ドライバー協会の会長さんであり、ベテランドライバーのクリソロゴさん、


そして南米のガイド仲間で、今年も現地でガイドをしている友人に今年の雨季の様子を伺いました。

すると、今年は完全に鏡張りの雨季の景色になったのは、2月18日に大雨が降った後だったとのこと。

雨季入りが遅かったので、例年4月に入ると乾き始めるのに、今年は今もまだ塩湖には水があるそうです。


私はいつも、ウユニ塩湖のベストシーズンを聞かれた時には絶対3月中旬頃❗️というのもこんな事情から。

1月はまだ雨季入りしていない可能性もあり、

2月は本格的な雨季の為、雨が多くて夕日や星空が見れない日がほとんど。

3月に入ると雨季も終わりに差し掛かり、天候が比較的安定してくるので、

ベストコンディションの景色が見られる確率が最も高まる時期なのです💡

因みに、2018年のウユニ塩湖の新月の日は下記の通りです。

2018年1月16日

2018年2月17日

2018年3月18日

星空観察には、月明かりが少ない新月がベストなのですが、

当然、月よりも晴れているかどうかの方が大きく影響します🌛
また、ウユニ塩湖の塩のホテルは雨季の時期は8月、9月にはほぼ満室となりますので、

夏頃までに予約を完了すると安心です✨

これらを踏まえた上で計画を立てられると完璧👍🏻

それでは、Buen viaje😉(良い旅を♪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です