コスタリカの牧場でSOSを叫ぶ

今日は🎶
中南米コンシェルジュの武内祐子です。

それは、コスタリカのモンテ・ベルデで乗馬ツアーに参加した時の事でした。

いつかモンゴルの大草原で、チンギスハーンの様に馬に乗って駆けてみたいという淡い夢を抱いていた私は、

ホテルで乗馬ツアーという文言を見るや、これはモンゴルでの予行練習の為にやるしかない!と思ったのであります。
 
そして意気揚々と、草原から夕日も見れるという午後のツアーに申し込みました。

この日のツアー参加者は私と、欧米人カップルの3人のみ。

そしてインストラクターの20代と思われるお兄ちゃんが1人。

一通り説明を受けた後、いよいよ出発。

 
そうそう、広〜い草原を…✨

と思いきや、何故か馬がいきなり森の中へと走り始めたではありませんか😱💦


 ひぃ〜!😱!

なんか馬の前足がクロスしたりしてる感じがするしっ💦

凄いスピードで

木が!

石が!

根っこが!

どんどん通過して行きます。

いつ激突するか、馬がつまづくかと気が気じゃない中、徐々にアップダウンも激しくなっていきますが、
初心者の私に馬をコントロール出来るはずもなく、

下手に手綱を引いて馬が転んだらマジ怖い…

ハッ😳!

ここはモンテ(山)・ベルデ(緑)だった…と気付いた時には既に遅し☠️

何故かどんどん加速する馬…

馬と一体になって、弾むタイミングを合わせる様にと言われてましたが、

完全にタイミングがズレまくり、

馬が着地する度にその衝撃で背骨が折れんばかり。

インストラクターのお兄ちゃんは私の悲鳴を聞いても、楽しそうに

これがお前が乗りがってた馬だぞ〜❗️

ひゃっひゃっひゃっ🤣

と笑い声だけ残して、どんどん先に駆けて行きます。
このままでは転ぶのが先か、背骨骨折が先かで命が危ない…
そんな時に使えるとっさの一言。

力の限りに叫びましょう。


「Despacio por favor!!!!!」

(デスパシオ・ポルファボール‼︎)

=Slowly please!!!!

 
=ゆっくりお願いしますー!😭!

これは色々な場面で応用出来る為、

是非こんなピンチを想定して身体に刻み込み下さい。
何とか森を抜けた時には手はブルブル震え、頭は恐怖でぐったり…

最後だけはイメージ通りの草原になりましたよ…


これがトラウマでもうモンゴルには行けないかも知れません。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です