旅好きな人にAirbnbの活用をお勧めする理由

今日は♪

中南米コンシェルジュの武内祐子です🌸

今日は、去年の12月から使い始めたAirbnbが予想以上に使い心地が良くてハマってる件についてシェアします👍🏻

Airbnb、通称エアビーとは、誰でも簡単にネットで家を短期貸し出来るシステムの事で、

こんな風に家の様子が分かる写真を何枚か撮ったら、スマホアプリで簡単に世界中から宿泊者を募集出来ます。

実際に使ってみた感じから、民泊はこんな人にお勧めだという事が分かりました🎶

【自分が旅行者として利用する場合】

・ホームステイして現地の人と知り合いたい。
・地元の暮らしを見てみたい。
・地元の人と話して外国語を練習したい。
・旅先でも家のような気分で滞在したい。
・アパートや戸建ての貸切りも出来る。

→勿論その人のタイプにもよるのでしょうが、私はボリビアでホームステイして、
ホテル以上にくつろぐ事が出来て大満足でした♪

 

【家を貸す側としては】

・自分が貸したいタイミングで貸せる。
・自分の旅行の宿泊費と相殺出来る。
・料金もルールも自分で設定、いつでも変えられる。
・予想以上に予約が埋まる率が高い。(私のアパートで今80%位)
・旅行者も個人の家を貸してもらってる意識があるので、綺麗に使ってくれる。
・旅行者との連絡はメールで気軽に出来る。
・世界中の友達が出来るチャンスも広がる。
・支払いも自動で行なわれるのでとても楽。

私はどちらかと言うと、自分が旅行に行っている間に家を貸せるメリットの方が大きく、かなり重宝しています。

これまで、12月〜1月の1ヶ月、2月に2週間、5月に2週間海外に行っている期間の家賃はほぼエアビーでカバー出来てます。

自分の不在期間が長く、その間に何組かのゲストが入れ替わる場合は、

清掃はプロの業者(家事代行サービス)にお願いしてます。
(そもそも清掃は私にとってはストレスなのでやりたくないからとってもありがたい・・・)
お掃除の費用は部屋の広さにもよりますので、清楚費用を引いても大丈夫な様に宿泊費と最低宿泊日数を決めてます。

※当然宿泊費、最低日数共に低い方が旅行者に好まれます。

周りの家の料金との兼ね合いもあるので、最初ここだけはちゃんと考えてみた方がいいですね。

そして、私は一度だけ自分で清楚をしましたが、ゲストはとても綺麗な状態で退出してくれていて感激でした💕

今のところ中国、韓国、香港、マレーシアなど、アジア系の宿泊者が多いですが、
みんなとてもフレンドリーで綺麗に使ってくれています。

下記、エアビーやってるよ〜と言うと、友人から良く聞かれる質問です。

Q,ゲストハウスとの違いは?
・家だけに、よりアットホームな雰囲気

・友人同士の様にお互いの気遣いがベースにある

・外国人は気を使い過ぎないので気が楽

・夜は静かでくつろげる

(ゲストハウスは若者が多く、騒がしい場合もあり)

Q,貸さなくても、泊まるだけでもいいの?
はい、自分の家を貸さなくても、旅行モードのみ登録すれば泊まりに行けます。

Q,家の貴重品とか、色々置いて行くとなくなりそうで不安じゃない?
私はクローゼットの1つに自分の物を全てまとめて、ここは開けないでね、と英語で張り紙をしています。

ゲストにもエアビーのシステムでフィードバック機能があり、どんな人かを他の貸し主のコメントから知る事も出来ます。

一応Airbnbは保険も完備されてますので、そこも安心ポイントです。

Q,いちいち鍵を渡すの?
海外にいて宿泊者に会えなくても、セルフチェックイン、チェックアウトで家を貸せます。
私は鍵を暗証番号付きのケースに入れてポストに入れているので、ゲストは到着したら鍵を取って入るだけ。

清楚手配の為、チェックイン、チェックアウトの時間の目安は決めてますが、かなりフレキシブルな感じでやってます。

※万が一ゲストが鍵をポストに戻すのを忘れて帰国してしまった時の為に、実家にも合鍵を預けてます。

 

私の場合は旅行中の費用がトントンになればいいな、と言う程度なので、
こんな感じでゆる〜く、楽しく、有効に活用出来ている感じがしています。

メールで仲良くなった宿泊者と飲みに行ったり、今回はディズニーランドに行きたいの!等、日本に来る観光客の生の声が入ってくるのも楽しいです✨

今までは旅行してても、旅行者は旅行者同士で知り合ったり、地元の人でも観光関係の仕事の人とは知り合える様な限定感がありましたが、
Airbnbの広がりによって、確実に旅行者と地元の人との国際交流が促進されているのを感じています😉

Airbnbはこれから益々広がる予感がしています🎶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です