アルゼンチン大使館のパーティーの様子をシェアします♪

今日は🎶

中南米コンシェルジュの武内祐子です😊

今日はアルゼンチン大使館主催の、“チャマメとマテ茶の会”にご招待頂きました✨

折角の貴重な機会でしたので、皆さんとも少しでも雰囲気を共有出来ればと思い、早速シェアさせて頂きます🇦🇷

チャマメと聞いて、「えっ茶豆⁈美味しいの?」と思った方もいるかもですが、(えぇ、私です😁)

チャマメは、アルゼンチン北東部、ブラジルとパラグアイとの国境に近い、イグアスの滝の地域の伝統音楽のジャンル名のこと。

今ではブラジル南部でも広く愛され、たくさんのCDが発売されるジャンルになっているそうです。

 

この地域はジャングルの亜熱帯地域で、トロピカルフルーツはもちろん、アルゼンチンの国民的ドリンクである、マテ茶の葉っぱ、イェルバの一大産地でもあります🍵

そんなジャングル地方の郷土音楽とお茶を楽しみながら文化交流しましょうという何ともマニアックな企画でした。

 

しかも、今回は招待制の為、参加者もアルゼンチン関係の、非常に濃ゆい方々が多くいらっしゃってました。

関内でイベロアメリカーナさんhttp://iberoamericana.favy.jp)というイベリア半島と中南米のお酒を扱う飲食店のオーナーさんや…

毎年ブエノスアイレスのタンゴ世界大会のツアーでお世話になっている、アルゼンチンタンゴ協会の会長さん(http://a-tango.net)とも会場でバッタリ✨

みんなで音楽に酔いしれた後は…

お待ちかねのお食事タイム〜💕

やっぱり文化交流に🥂食🍴って欠かせない要素だと思うんですよね〜✨

これらの食品を輸入している会社の社長さんもお見えになっていて、私もツアーだと興味はあっても中南米まですぐには行けない人もいるので、食品を通して文化を紹介する事も必要かな?と、社長さん達とお話ししていて真剣に思ってきました(笑)

アルゼンチンのソウルフード、チョリパンは外のテラスでソーセージを焼く本格派😳

お肉のエンパナーダのお味も、ジューシーで一級品✨

アルゼンチンの国民的ペースト、ドゥルセ・デ・レチェ💓

練乳をキャラメルになるまでお鍋で熱して作り、パンに付けたり、クッキーに挟んだり…

アルゼンチンの100円マックのソフトクリームにも、ルセ・デ・レチェ味があり、私はブエノスアイレスでそれにハマって毎日の様に食べていました😅

こんなオシャレなマテ茶カップも輸入されています。

素敵なお着物の方も…✨

 

流石、大使館主催の会は全てが洗練されていて、ステージも食べ物も最高品質でした❣️

アルゼンチンは国土が広く、移民の国だけあって、文化の多様性も非常に奥深いです。

今日はサッカーではアルゼンチン代表がW杯出場⚽️を決めたという、何ともおめでたい1日でした㊗️✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です